色白美人の常識です!6つのシミの種類と対策法を徹底チェック

色白美人の常識です!6つのシミの種類と対策法を徹底チェック

美肌になるために最も大切なことは、紫外線から肌を守ることとはよく言われています。

 

色白美人の常識です!

 

それはなぜかというと、紫外線を浴びる事によって刺激を受けた肌の奥で、メラニン色素が活発になってしまうことにより、シミができてしまうからです。

 

キミエホワイトプラスの口コミと効果の真実

 

その他にもシミになる原因として考えられるものとして、加齢により、肌の再生・修正能力が低下してしまう、睡眠不足やストレス、喫煙、血行不良などがあげられます。では、具体的にどんなタイプのシミがあるのか、その対策法についても見ていくことにしましょう。

 

6つのシミの種類と対策法を徹底チェックしていきましょう。

 

代表的な6つのシミの種類とは?

 

シミ、と一口に言っても、その形状によって医学的に様々なタイプに分かれます。代表的なものとして、老人性色素斑(日焼け記憶ジミ)、肝斑(ぼんやりじみ)炎症性色素沈着(肌荒れ記憶ジミ)脂漏性角化症(出っ張りジミ)雀卵斑(そばかす)花弁状色素斑((強烈日焼けジミ)の6つがあげられます。

 

6つのシミの特徴と対策法

 

老人性色素斑(日焼け記憶ジミ)

 

シミの中で最も多いと言われているシミです。30代以上に多く、それまであまり紫外線対策を行ってこなかった方にできやすいです。日焼け記憶ジミと呼ばれるとおり、鼻や頬の高いところにできやすい、数ミリ〜数十ミリの丸くて滑らかな色素斑です。

 

そのケア方法は紫外線をブロックするしかないのですが、すでにできてしまったものはレーザー治療を視野に入れると良いでしょう。

 

肝斑(ぼんやりじみ)

 

その名の通り、鼻の横や目の下などにぼんやりと広がるように、左右対称にできる薄いシミです。その形が肝臓に似ていることから「肝斑」とつけられました。しかし、肝臓の病などでできるわけではなく、主に女性ホルモン(黄体ホルモンのプロゲステロン)が関係していると言われています。妊娠中やピルを飲んでいるとできやすいです。

 

そのケア方法として気をつけたいことは、決してこすらないことです!刺激を与えるとシミが濃くなってしまうので、レーザー治療よりは、深層のメラニンを抑制する化粧品を利用すると良いでしょう。

 

炎症性色素沈着(肌荒れ記憶ジミ)

 

肌荒れ記憶ジミの名前の通り、過去の肌荒れ、ニキビや傷跡、炎症の跡などがシミになったものです。

 

ケアの方法としては、肌のターンオーバーを促すことが最も効果が期待できる方法でしょう。ピーリングを行ったり、内側からもターンオーバーを促すように、食生活に気をつけることも大切です。

 

脂漏性角化症(出っ張りジミ)

 

皮膚の良性腫瘍と言われていて、紫外線に当たると濃く大きくなるので、注意が必要なシミです。茶褐色や黒色に変色してしまった部分がイボのように膨らみを持ってしまいます。

 

ケア方法として、美白化粧品は効果がないので、レーザー治療によって切除します。紫外線には特に注意しましょう。

 

雀卵斑(そばかす)

 

目の下や鼻周辺にできる、細かい斑点のようなシミです。雀卵斑の名前の通り、すずめの卵の殻の模様によく似ていることから、その名がつけられました。主に遺伝によるものとされていますが、紫外線に当たることによって色が濃くなったり、大きく広がったりするので注意が必要です。

 

ケア方法はレーザー治療などもありますが、基本的には紫外線から肌を守ることが最も重要です。

 

花弁状色素斑(強烈日焼けジミ)

 

海水浴やスキーなどで、強烈に日焼けしてしまったときにできる、花弁状のシミのことです。紫外線の当たった場所にできますので、顔だけではなく、首や腕、胸などにもできます。

 

ケア方法としては、患部を冷やすことが大前提で、食生活の上ではビタミンCをタップリ摂取するといいでしょう。放っておいても薄くなったり消えたりしますが、直ぐに消したい!と言う場合は、やはりレーザー治療がベストでしょう。

 

効率的にシミ対策をするには、とにかく紫外線に当たらないことを普段から心がけ、野菜や果物からたっぷりのビタミンCを摂る。寝不足や喫煙など、美肌の妨げになるような行為をしないように心がけることが大切ですね。