コンビニや外食で、野菜不足になっている方は肌トラブルに注意

コンビニや外食で、野菜不足になっている方は肌トラブルに注意

ニキビや肌荒れに悩んでいる方は、食生活が乱れている方が多いです。
特に野菜が不足している方に、多く見られます。

 

コンビニや外食で、野菜不足になっている方は肌トラブルに注意しましょう。

 

ニキビは、お肌の乾燥が原因で起こります。
皮膚の粘膜やうるおいを保つ成分が、ビタミンAです。
にんじん、ほうれんそう、しそなどに含まれています。

 

そして、ニキビに悩んでいる方は皮脂のバランスが悪いです。
肌の代謝を良くして、バランスを整えてくれる成分がビタミンBです。
疲労回復効果もあります。
モロヘイヤ、ブロッコリー、芽キャベツ、パセリに多く含まれています。

 

ビタミンCは、活性酸素を除去してくれて新陳代謝を活性化させてくれます。
コラーゲンの生成を促進して、メラニンの生成を防いでくれます。
紫外線を浴びると、ニキビが悪化するので紫外線対策のためにも
ビタミンCが多い野菜は必要です。
赤ピーマン、黄ピーマン、パセリ、ブロッコリーに多いです。

 

野菜の摂取の仕方にも、こつがあります。
ビタミンCは水に弱いので、鍋やスープにすると効率的です。
生野菜ばかり食べていると、体が冷えるので注意しましょう。
ビタミンCはたくさん摂っても、体の中に貯めれないので毎日少しずつ
摂っていくのが理想です。

 

ビタミンAは、油で炒めると吸収率がアップします。
体内にためることができるので、便利です。
ダイエット中の方は、極端に油の摂取を避ける方がいますが少量なら健康にもプラスです。
サラダ油ではなくて、オリーブ油やココナッツオイルなど健康にいいものを使いましょう。

 

栄養素も大切ですが、ニキビは便秘を改善することも大切です。
そのためには、食物繊維が多い野菜をとる必要があります。
切り干し大根、ごぼう、ひじき、パセリも一緒に食べましょう。
老廃物を外に出してくれると、血流がよくなり酸素や栄養が体にいきわたります。
肌に栄養分が届くと、顔色もよくなり健康的になります。

 

野菜と一緒に、発酵食品(みそ、ヨーグルト、納豆など)も摂ると
もっと効果がアップします。